何気ない日常のColorをαレンズで切り撮ります。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

遠くまで

2007-01-19 Fri 00:03

~月よりも遠い世界~

中学生の頃、カワセミばかり撮っていた頃がありました。
当時のレンズは75-300mmF4.5-5.6。
その頃は当然フィルムですし、フルサイズです。

鳥を撮るのだったら400mmは欲しいところ。
おじさん達の白いレンズに憧れたものでした。
中学生のぼくには白いレンズなんて買えるはずもなく、
カワセミの青い背は月よりも遠い世界でした

今、500mmレフレックスは750mmとして使えます
あまりに遠く感じたあの鳥が今は近くなりました

でもやっぱり300mmF2.8が欲しいと思います(*^_^*)
レンズ沼も深くて、月よりも遠い・・・。

king fisher
PICT9841.jpg
α7-D AF 500mm F8 Reflex  F8 

英語では『釣り人の王』ってよばれています。
スペル合ってるかな???(汗

『釣り人』
PICT9869.jpg
α7-D AF 500mm F8 Reflex  F8 


 

『カワセミ』
PICT9881.jpg
α7-D AF 500mm F8 Reflex  F8 



 

『カワセミ』
PICT9886.jpg
 
α7-D AF 500mm F8 Reflex  F8

何度見ても美しい鳥です。

『きらきら』
PICT9828.jpg
α7-D AF 500mm F8 Reflex  F8 

レフレックスのボケを効果的に使うのは難しいですね。
被写体と背景が近いとボケがスゴく汚くなります。

上の写真もたまたま撮れただけで、
点光源を考えて撮ったわけではりません(T_T)
結果的にはかなりお気に入りです。

300mm
PICT9945.jpg
α7-D AF 200mm F4 macro G F4

いちばん最後の『300mm』が当時の300mm。
やっぱり迫力?が全然違いますね。

見比べてみて気づいたのですが、
200マクロでとったこの写真。すごい立体感
500レフのとは全く異なる描写です。

マクロなのに遠景も浮き立つように切り撮ってくれます。

そろそろテスト期間なので更新さぼっても
見にきてくださいね。(*^_^*)

↓ランキング参加中↓
カワセミをみたら!
応援おねがいします(^^)/

スポンサーサイト
別窓 | 写真 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<初雪~(*^_^*) | Color of the world | 残念な日>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Color of the world |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。