何気ない日常のColorをαレンズで切り撮ります。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

135mm F1.8 sonner VS 100mmF2

2010-08-29 Sun 19:21

135ゾナーを買いました。

特に必要だったといえば、そうでもないので今まで買わなかったわけですが、
評判どおりなら、”極めて高い解像度”に、”やわらかく大きなボケ”が特徴

フジヤカメラで中古のAランクが\100800だったので・・・つい・・・

さてこのレンズでかぶってくるのがミノルタ100mmF2。
このレンズもかなり解像度が高くヌケのよい描写。
なにより特徴は”ボゲが異常なほど素直”なこと

しかし、大して売れなかったのか
このレンズは知る前に既に廃盤に
作例なんかもほとんど見ないマイナーレンズ


数年前に中古で購入
たまたま当たり玉だったのか、私のは?解像度が高いです。

このレンズの欠点はMFしにくいこと
初期のαレンズは全てそうですが、ピントリングが浅すぎて
MFには不向き。AFに頼ることになるので
α700以上の機種で中央AFするのがおすすめ


100mmF2は開放から解像度が高く、なだらかにボケでいくレンズ。
85mmF1.4Gは開放での解像度はそうでもなく、ボケは2線ボケ傾向。
個人的には85mmF1.4よりも優秀だと思うレンズです。

DSC07233.jpg

DSC07239.jpg

DSC07235.jpg

 2つのレンズのスペック表。

Sonnar135mmF1.8

AF100mmF2             

レンズ構成

8群11枚

6群7枚

絞り

9枚(円形絞り)

9枚(円形絞り)

最小絞り

F22

F32

最短撮影距離

0.72m

1.0m

最大撮影倍率

0.25 倍

0.13倍

フィルター径

77mm

55mm

重さ

995g

480g

発売時期

2006年10

1987年4月

発売時定価

189,000

60,000

スペック的には当然ゾナーが優れるわけですが、
実に20年の差。100mmF2にいたっては僕と年齢が大して変わらない。

一番の違いは大きさと価格。
う~ん。値段が3倍も違う・・・。


とりあえずゾナーを使ってみた感想。
重い・・・。重すぎる。
フードでかい。デカすぎる。
MFしやすい。こりゃ最高だ。
α900で使ってみた感じではAFもそこそこ早い。

焦点距離の違いからゾナーの方がボケが大きいことが予想
できるが、他は!? ということで少しとり比べてみました。

三脚立てて比較しているわけではないので参考程度になりますが
とりあえず100mmF2の開放のF2で比較。

『135ZA』
135(2a).jpg
α900 Sonner AF 135mm F1.8 ZA  F2 ISO200

『100F2』
DSC07211.jpg
 α900 AF 100mm F2  F2 ISO200

 うちの猫。庭に出して撮ったけど、
じっとしてくれないので構図が全然違いますが。

両画像ともクリックして拡大した状態で50%縮小、
500KBまでリサイズ。これ以上はアップできないので。

解像はやはり135の方がありますね。


『135ZA』
DSC07228.jpg
α900 Sonner AF 135mm F1.8 ZA  F4 ISO200

『100F2』
DSC07227.jpg
 α900 AF 100mm F4  F2 ISO200

 こっちはF4での比較。同じくリサイズ。

やはりやや135ゾナーの方が解像しています。
他の写真を比べた感じではややゾナーの方がフリンジは少なく、
ヌケの良さはやや100F2の方が勝るかなぁというところ。

思ったほどの差はでませんでした。
最短撮影距離が使い勝手の一番の差になりそう。
荷物に余裕があるときはゾナー、
ないときや気軽に撮りたいときは100mmF2の方がよさそうです。

ポートレートには明らかに100F2の方が向いていますね。
アメショの猫の方を見てもらえばわかりますが、
なんともいえない立体感とやわらかさ、

ゾナーは生き物よりは無機物を撮るのに向いているようです。

スポンサーサイト
別窓 | 写真 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<コスモスサイタ | Color of the world | いまさら桜~>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Color of the world |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。