何気ない日常のColorをαレンズで切り撮ります。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

α700触ってきましたよっ

2007-09-12 Wed 00:24

 昨日α700をソニービルにいって触ってきました。

αマウントの中級機としては実に3年ぶり!!
α7Dと比べると小さなボディにみっちり
技術を詰め込んだって感じです。

犬で言うとジャックラッセル・テリアみたいな感じです。
わかりにくい表現ですいません(´д`lll)

AF性能もなかなかで、静かで早めで正確です。
早めっていうのはCANONのUSMには勝てないですね。
早いに越したことはないんでしょうが、
私のカメラの中ではAF最速になりますね。

200マクロ持参したんですけど、
係の人は『えぇ!?それ持ってきたの!?』って感じでした。
やっぱり迷いますね。端から端までウィ~ンてなります。

85Gだとサクサク気持ちよく合います。
中央のF2.8以下で有効なセンサーが優秀のようです。

AFの気まぐれな7Dのおかげで
中央フォーカスでAF,DMFで構図を変えてMFっていう流れが
身に染み付いているのでα700でも準備はバッチリです。



シャッターもいい音で、
連写も5枚/秒と自分には必要充分です。
自分は秒3枚すら使わないです。


液晶は超きれいです。
ありえないです。
めっちゃきれいです。
すっごい鮮やかに表示されますけど、
PCでみたらあんなに鮮やかなんでしょうかねぇ?
サンプル見る限りはおとなしい発色ですが。

あとすごい進化したのは処理能力ですね。
12Mピクセルでも処理はなかなか早いです。
7DではできなかったRaw、cRawの拡大が可能です。

今まではRAWでとると拡大できないので
RAW+JPEG(圧縮され気味)だったのですが、
RAWでも拡大表示ができるようになったので
超気合の撮影のときはRAWだけでも撮れるようになります。
でもRAWなだけあってしっかり拡大すると
暗部はモワモワしたのが見えます。

操作性もなかなかです。
特に縦位置グリップは本体と全く同じボタン配置で、
7Dのよりは使いやすいと思います。その分かさばってます

ジョイスティックもいい感じです。
私は若いので、すぐ慣れました。(若いって素晴らしい!)
これもなかなか便利ですね。

一番やだなぁと思っていたのは
露出補正ダイアルがなくなったことですが、
最近は前ダイアルに露出補正、後ろに絞りと設定しているので
そのまま気にすることなく移行できそうです。


690グラムってことでα7Dより70g軽いですが、
グリップつけて電池2個でレンズ付けると重いですね。
この重さがいいんですけどね。
軽さは期待しない方がいいです

他に聞きたいことあれば、コメントくださいね(`・ω・´)ゞ

 

『秘境』
10006799398.jpg
α7-D AF 28-75mm F2.8(D) F4+PL filter

 


 

『時』

10006973775.jpg
α7-D AF 28-75mm F2.8(D) F2.8+PL filter


『音』
10006973674.jpg
α7-D AF 28-75mm F2.8(D) F2.8+PL filter

魚が泳いでいます。とっても神秘的    
 

『小さな地球』
10007020338.jpg
α7-D AF 28-75mm F2.8(D) F4

 

2年前の夏に青森の白神山地に行ったときの写真です。
なぜこんなに青いのかというと、
池が青いんです。信じられないくらいに青い池なんです。
信じられない方はぜひ青森の十二湖へ立ち寄ってみてください。

沖縄の青い海にも感動しますが、この青池もきっと感動します。



風景のくせにF4位なのはで撮ったのは
うっそうとした森の中なので、昼でも暗いからです。
一枚目の写真はISO400で1/10秒、2枚目、3枚目も1/6秒です。
PLフィルタ付けるとこれが限界でした。

次のαならISO800~1200くらいは余裕ありそうなので
今行けばF8くらいまで絞れたかもしれませんね。

どの写真も構図がいまいちなのは、
この頃は28-75mmと24-85、75-300しか持っていなかったからです。
今なら17-35mmやマクロがあるので、
もうちょっといい写真が撮れるかもしれませんね。

 

↓ランキング参加中↓
top02.gif

スポンサーサイト
別窓 | 写真 | コメント:5 | トラックバック:1 | top↑

| Color of the world |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。